アパートを借りるデメリットとは!?

防音性がマンションと比較すると低い

マンションやアパートなど、集合住宅に住んでいて最も多い住人とのトラブルとは何かというと、「騒音」に関してのトラブルです。夜中になっても階下や階上の住人がうるさくて寝られないといったトラブルや、音楽の音量が大きすぎて気になるといったトラブルは毎年のようにどこかのマンションやアパートで必ず発生しています。騒音が気になるのであれば防音性の高い物件に住むのが一番ですが、防音性という点でマンションとアパートを比較すると、やはりアパートはその構造上、マンションと比較すると防音性が低いという物件が多いです。中にはあまりにも壁が薄すぎて普段の話し声が聞こえてしまうという物件があったりもします。防音性を重視するならばマンションのほうが良いでしょう。

セキュリティ面で不安がある

そしてアパートというのはマンションと比較すると比較的古い年代に建築されたものが多いというのも特徴で、設備面で比較してもマンションよりは劣るという一面も持っています。女性の場合は特にセキュリティ面についてしっかりとチェックしておかなければいけません。最新のマンションではテレビモニタで来客者の顔を確認してから敷地内に入れることができますが、アパートにはそういったセキュリティ設備はありませんし、さらにマンションであれば今や当たり前となっている玄関のオートロックや防犯カメラといった基本的なセキュリティ設備すら導入されていないアパートもあります、女性の一人暮らしに関してはアパートはあまり適していないといえるでしょう。