マンションに住むメリットについて

マンションは基本的に防犯性が高い

賃貸住宅を探している際に平屋式や2階建ての賃貸住宅・またはテラスハウスではなく、マンションを選ぶ事の主なメリットは防犯性の高さです。例えば、オートロックや防犯カメラがついているマンションであれば、毎日家の中で安心して暮らせますし留守中も基本的に泥棒の心配いらずです。その上に玄関はダブルロック式でディンプルキーを使用していて、24時間セキュリティーシステムも導入している物件の上層階に住めば、防犯性は完璧と言えます。一方、貸出用に建てられた平屋住宅や居住者が何らかの理由で転居した事によって貸し出されている2階建て住宅は、決して防犯性が高いとは言えません。そんな中、旅行で家を長期間空けるとなると、心配性の人は家の事が気になって旅行を楽しめない恐れがあります。

様々な利便性の高い設備を使える

マンションのグレードによって設備の状況は大きく異なってきます。しかし、もし中ぐらいのグレードの物件やハイグレードな物件に居住した場合は、自分で初期コストを支払う事なく、様々な利便性の高い共有設備を利用できます。例えば、21世紀に入ってからどんどん増えている「宅配ボックス付き」の物件に居住した場合は、留守中でもその設備を利用して宅配便を受け取る事が可能です。また24時間対応の敷地内ゴミ置き場が設けられている場合は、カラスの被害をや盗難の被害を心配する事なく安心してゴミを捨てられます。そして、24時間対応という意味では、深夜や未明の時間帯にゴミを捨ててしまっても大丈夫です。

その他、高級分譲賃貸マンションの中には、1Fフロントにスタッフが常駐していて様々なコンシェルジュサービスを受けられる物件もあります。